Lecturers 講師紹介

img

近藤 弘之 こんどう ひろゆき

五藤テレスコープ株式会社

1970年生。10歳のときに望遠鏡を手に入れて天体を見る。1992年五藤光学研究所に入社。2007年から3年間、新潟県立自然科学館でプラネタリウム等の業務を担当。2012年より五藤テレスコープ株式会社。

img

又平 泰匡 またひら やすまさ

ベルボン株式会社

三脚メーカー「ベルボン株式会社」の広報担当。国内各地のイベントにて”カメラ三脚の大切さと使い方”についてやさしく語りかける姿はまさに”三脚の伝道師”である。今日もどこかで彼は三脚の大切さを伝えている。

img

上山 治貴 かみやま はるき

株式会社アストロアーツ

株式会社アストロアーツ取締役。同社設立に参画後、天文シミュレーションソフト「ステラナビゲータ」を開発し、以後「ステライメージ」「ステラショット」「ステラドームプロ」などを中心となって開発。幼少のころからの天文ファンで、とくに日食、流星が大好物。

img

鳫 宏道 がん ひろみち

学芸員

1953年生まれ。東京理科大学理学部卒業。1976年から天文担当学芸員として平塚市博物館に勤務。平塚市博物館館長、日本プラネタリム協議会理事長を歴任。現在日本プラネタリウム協議会監事、国際科学映像祭実行委員など。幼児から児童生徒、年配者までを対象に幅広いプラネタリウム運営を企画実施したほか、天文分野の普及活動、図録などの執筆を行う。著書に火星ガイドブック(恒星社厚生閣)など。

img

大沼 崇 おおぬ またかし

株式会社スコープテック代表

大学卒業後、元季刊天文雑誌『星の手帖』に所属。その頃より、巷で売られる「こども用」「入門用」の天体望遠鏡の品質が余りに低く、まともに見えて使える製品がほとんどない事に大きな憤りを覚え、自分の理想とする入門用天体望遠鏡を作り、粗悪望遠鏡を市場から駆逐すべく脱サラし起業、起業10年でアマゾン天体望遠鏡カテゴリーにおいて自社の小型望遠鏡『ラプトル』をベストセラー1位として定着させた。

img

飯島 裕 いいじま ゆたか

写真家

1958年埼玉県生まれ。広告制作会社に勤務後、ハレー彗星回帰の1986年からフリーの写真家として独立。月刊天文情報誌『星ナビ』の銀塩フィルムによる星景写真「銀ノ星」は2003年に開始して現在も連載中。天文情報誌のほかカメラ雑誌などに星景写真や撮影機材の解説記事なども多数執筆。国立天文台やJAXA宇宙科学研究所の広報用写真撮影なども担当。星景写真撮影講座や講演の講師も務める。「星は撮るより眺めたい」。

img

新宿 健 しんじゅく けん

株式会社高橋製作所

1994年神奈川県生まれ。横浜サイエンスフロンティア高校で天文部に入部し天体写真撮影に目覚める。天体望遠鏡を使った天体写真だけでなく、星空に向き合った時の気持ちを自分なりに切り取り残す「星空記念写真」の普及に取り組んでいる。大学卒業の2017年に高橋製作所へ入社し、秋葉原の直営店スターベース東京で天文ファンのサポートを行っている。

img

岡 浩一郎 おか こういちろう

SkyPix Japan

サラリーマン時代(みずほ銀行)は趣味として天体望遠鏡とデジタル撮影機器を使って遠方銀河の撮影に熱中。退職後、フィジーに2年間在住しながら想像を絶する美しい自然に感銘し、既に海外ではブームになっていたタイムラプスに着目し、海外の先駆者達からノウハウを学びながらタイムラプス撮影を始める。その後帰国してモーションタイムラプス撮影装置の製造・販売を手掛けるSKYPIX JAPANを設立。映像撮影・制作部門としてSKYPIX Timelapse Creationを開設。わが国に於ける最初のモーション・タイムラプス・フォトグラファーとして、TVドキュメンタリー、TV-CM、Web映像などで最新技術を駆使した撮影事業に精力的に取り組んでいる。

img

谷口 高司 たにぐち たかし

野鳥図鑑画家

1947年東京都杉並区生まれ。1969年早稲田大学商学部卒業。元(財)日本野鳥の会評議員。日本橋高島屋セミナー・東急セミナーBE・朝日カルチャーセンター・早稲田大学エクステンションセンター・日本橋三越カルチャーサロン講師。世界でも希少な図鑑を一冊まるごと描ききるイラストレーターとして国内外で活躍。米国スミソニアン自然史博物館より指名発注を受けた最初の日本人であり、日本で一番数多く野鳥を描いている画家として知られる。銀座・上野・荻窪・吉祥寺・芦屋・軽井沢など年複数回個展を開催。図鑑画をテーマにした講演会や「“タマゴ式“鳥絵塾」、自然観察会の講師としても各地イベントに招聘。美しい野鳥イラストを通し広く環境保護を訴える。また主宰する「谷口高司と野鳥を楽しむ会」では、月数回の定例講座に加え、環境省新宿御苑インフォメーションセンター・アートギャラリーで会員作品展を過去8回開催。近著に「 Waterbirds of ASEAN(英語版・日本未発売)」。

img

大久保 秀一 おおくぼ しゅういち

北軽井沢観測所

埼玉県在住、本業は金属と石油の技術屋で、35年前に群馬県北軽井沢に私設観測所を開設した自作派のアマチュア天文家。市販品にはない自分コンセプトの機材を目指して望遠鏡、 架台と駆動装置、アイピース、光学検査器などを自作。 LavenduraシリーズとRPLシリーズアイピースは北軽井沢観測所の開発製品。

img

武井 咲予 たけい さきよ

星のソムリエ・星空公団

星のソムリエ(星空案内人)、星景写真家。 アストロカメラ作品「たけいさきよ まあるい星展」開催ほか、 宙ガール向け星空写真入門講座講師を務める。 ・FM Fuji Yes!Morning「よもやま宙ばなし」レギュラー出演 ・日本公開天文台協会会員 ・NPO法人東亜天文学会「天界」編集スタッフ

img

宮川 治 みやかわ おさむ

東京大学宇宙線研究所

2002年東京大学理学系研究科博士課程修了。富山市在住 同年、米国、カリフォルニア工科大学に移り米国LIGOプロジェクトに参加。LIGOの干渉計光学設計や量子干渉計などに関わる。2008年日本に帰国、日本初の大型低温重力波検出器KAGRAの立ち上げから関わる。現在は東京大学宇宙線研究所准教授、KAGRAのコミッショニングリーダー。専門は重力波物理学、重力波検出実験。特に干渉計設計及び制御を得意とする。

img

谷藤 賢一 たにふじ けんいち

Seeds Box

1973年 5才:小児科の待合室で木星のイラストに出会い天文の世界へ。 1978年 10才:星雲星団観測ノートの作成を開始。後のSUPER STAR。 1986年 17才:自作15cm反射経緯台が月刊天文ガイド1986年7月号に掲載される。 1998年 30才:SuperStarβをNifty fspaceにて公開。 1998年 30才:SuperStar2.0を開発(未発表)。 2000年 32才:SUPER STAR III 発表 海外向けKagayaki-IIIも同時発表。国内外の雑誌に取り上げられる。 2003年 35才:SUPER STAR IV 発表。 2015年 47才:SUPER STAR V 発表

img

菅原 貴徳 すがわら たかのり

野鳥写真家

平成2年、東京都生まれ。幼い頃から生き物に興味を持って育ち、11歳で野鳥撮影 をはじめる。東京海洋大、ノルウェー北極圏への留学、名古屋大学大学院で海洋生物学を学んだ後、写真家に。国内外問わず、様々な景色の中に暮らす鳥たちの姿を追って旅をしている。共著書に『鳴き声から調べる野鳥図鑑』『生き物の決定的瞬間を撮 る』(いずれも文一総合出版)などがあるほか、オリンパス デジタルカレッジサテライト講座講師、各種講演会なども多数。

img

村上 将之 むらかみ まさゆき

協栄産業株式会社

最近は電視観望の素晴らしさや楽しさに目覚め、仕事のかたわら長野県野辺山や千葉県館山方面へ 出掛けて、星雲や星団などの天体写真をフルデジタルで撮影を行っている。また星のソムリエの資格を 活かしてNHK学園にて星空講座を担当したり、都内の小学校で天体観望会を開催したり、 旅行会社にて星空トーク教室を精力的にこなす。日本野鳥の会東京の幹事リーダーとして高尾山や多摩川を中心に毎週バードウォッチングを行う。

敬称略、順不同